鏑木清方、三遊亭圓朝と佐野、田沼

2011年6月26日日曜日 今回は、とてもローカルな話です.岩波文庫に「明治の東京」という本があります.これは日本画家である鏑木清方が自分が若い頃の東京の町、風俗、さまざまな人間などを書いたもので、今では失われてしまった続きを読む “鏑木清方、三遊亭圓朝と佐野、田沼”