総理の器量 政治記者が見たリーダー秘話

2012年11月4日日曜日

 今回、取り上げるのは橋本五郎著「総理の器量 政治記者が見たリーダー秘話」中公新書ラクレ ISBN978-4-12-150421-0 C1231です.

 この本はいわゆる総理番と呼ばれる、総理にぴったりくっついて日夜取材をする新聞記者の体験をもとに、9人の歴代の総理の考え,人となり、評価を書いた本です.タイトルに一言で括った言葉が期されていますので列記しておきます.

第一章 中曽根康弘にみる「王道の政治」

第二章 福田赳夫にみる「清貧の政治」

第三章 大平正芳にみる「韜晦の政治」

第四章 三木武夫にみる「説得の政治」

第五章 竹下登にみる「無限包容の政治」

第六章 宮澤喜一にみる「知性の政治」

第七章 橋本龍太郎にみる「正眼の政治」

第八章 小渕恵三にみる「謙譲の政治」

第九章 小泉純一郎にみる「無借金の政治」

 この本を読むと、それぞれの政治家が際立った個性を持ち、優れた資質により、全部が全部とはいいませんがそれぞれの政治哲学、目指す国のあり方を目指して政治を行ってきたことが書かれています.従来の報道では政治家の一挙手一投足にケチを付けるような記事がほとんどで、その奥で政治家が何を目指しているのかがほとんど問題にされず、政治家が単にお金儲け、権力欲のためだけに政治を行っているかのように書かれます.しかし、政治家の大きな考えにも言及しないと、国民は大筋を見ず、枝葉のような欠点をあげつらって、100の大切なことをする人を1つの問題点で排除してしまい,問題点は0だけれど、大切なことを一つも出来ない政治家ばかりが残ってしまうという状況を生み出しているように思います.政治不信の時代にこのような政治家の大望、理想はなんだったのかを考える価値はあるのではないかと思います.

 最後に、これだけ恵まれた資質を持ち、立派な考えを持ち、たくさん勉強をして、たくさん経験を積んだ彼らを持ってしてもなかなかうまく行かない政治というものは究極のアートだと思いました.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。