Only The Lonely

2009年11月1日日曜日

中学生の頃だったでしょうか、私のいとこからFrank Sinatraのアルバムを教えてもらいました.シナトラは声に何とも言えぬ男の年輪を感じさせ、選曲も全て名曲ぞろい、その上、Nelson Riddleの編曲がとても叙情的でその上に非常に凝っていて、一回でお気に入りとなりました.このアルバムは1958年に制作され、SinatraのCapitol Record時代の代表作、あるいは生涯を通しての代表作と言っても良いと思います.
最近、ちょっとした時間がある時にYouTubeを見て普段なかなか目にすることのできない映像を見て楽しんでいます.YouTubeの一番優れているところは、関連動画がすぐ下にリストアップされるので、同じ曲をいろいろな演奏者ですぐに聞き比べができるところだと思います.
先日、このアルバムの中でも特に好みの一曲One For My BabyをYouTubeで聞いていました。

Frank Sinatra

すると、関連動画の中にFred Astaireのオリジナルのバージョンが見つかりました.

これは、1943年の映画 The Sky’s the Limit(邦題 青空に踊る)の中の10分ほどの一場面ですが、このオリジナルバージョンはSinatraのものと比べるともっと明るく、軽く、粋で、この曲をSinatraあるいはRiddleがああいう風にしたのかと思うと編曲の力を知ることができると思います.
このAstaireの動画は歌も良いのですが、なんと言っても踊りのシーンが必見もので、Astaireの踊りというととても洒落ていてスマートで優雅な面を思い浮かべますが、彼の踊りの豪快な一面も伺い知ることのできる場面だと思います.お暇な時に一度ご覧になって下さい.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。