音盤考現学、音盤博物誌

2008年10月11日土曜日

音盤考現学 片山杜秀 株式会社アルテスパブリッシング ISBN 978-4-903951-04-1
音盤博物誌 片山杜秀 株式会社アルテスパブリッシング ISBN 978-4-903951-07-2

毎日、天気が日替わりで、気温も上がったり下がったり、私も少し風邪気味です.この本は少し前に買っておいた本なのですが、開業準備に追われ時間的というよりは精神的に余裕がなく、なかなか読めなかった本です.
この本で、著者は1枚のレコード、CDを糸口に様々な思考、深読みを行っていきます.比較的、現代の曲あるいは作曲家を扱ったページが多く、現代音楽に親しんでいるとはいえない私には、そういった箇所はピンとこない面もありました.しかし、私の知っている作曲家、曲の部分は大変面白く、こういう切り口でくるのか、こう考えるのかとハッとさせられることが多くありました.
「ジャングル大帝」、「新日本紀行」、のだめがプルチネッラから迷い込んでしまう「今日の料理」などのテーマ音楽の作曲者、冨田勲の本質の章、 背筋のピンとした朝比奈隆の章などは特になるほどとうなってしまいました.是非、ご一読を!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。