心臓画像クリニック飯田橋に行ってきました

2010年8月22日日曜日

これまで当院で心臓のCT、MRI検査の必要な方を紹介させて頂いており、大変お世話になっている心臓画像クリニック飯田橋の内覧会があり、今日、行ってきました.
まず、はじめに心臓のCT、MRI検査というと皆さんは、私も受けたことがある、あるいは、どこの病院でもCT、MRI装置があるではないかとお思いになるかと想像します.確かにCT、MRIの装置そのものはたいていの病院にあります.しかし、心臓のCT、MRI検査となると、心臓は常に動いておりますので、きれいな画像をとるためには、最高の性能の装置、最高の解析が必要となり、これはなかなかどの装置でも、あるいはどの病院でもできるというものではありません.
心臓画像クリニック飯田橋はそうした、心臓に特化したCT、MRI検査の施設としては日本で初めてという施設なのです.
クリニックに着いて、まず第一に寺島院長、小山先生とご挨拶をして、両先生ともに大変フランクでソフトなお人柄で、大変いい感じを受けました.挨拶もそこそこ早速、診察室のワークステーション上でCTの生の撮像データから冠動脈がわかりやすく見えるようになった解析結果までの実演をして頂きましたが、生データからおそらく1分以内に三次元画像が現れ、更に三次元画像上のそれぞれの冠動脈をクリックすると、その曲がりくねった冠動脈が一直線にまっすぐに伸ばされてどこが正常でどこが狭窄しているのかがはっきりと表示されるのにびっくりしました.私が、5年ほど前、日大駿河台病院の佐藤先生に冠動脈CTの撮影、解析を見せて頂いた頃は撮影した生データから冠動脈を起始部から順に末梢の方まで何カ所もクリックしてコンピュータに冠動脈である部分を指定してあげて初めてストレッチ画像ができましたので解析にはかなりの時間がかかっていましたが、解析ソフトの進化は想像以上でした.
次にMRIを見せて頂きましたが、胸と背中にディテクターを着けて撮るというのも初めて見ました.MRIの画像も大変きれいで、心筋の造影される様がくっきりと見え、心筋疾患(心臓の筋肉の病気)、心筋虚血(冠動脈の狭窄などにより心臓に血液が十分に行き渡らない状態)の検出にPETと同程度の感度、特異度ということで、今後、虚血の評価が必要な方にMRIを積極的に取り入れていこうと思いました.
これまで心臓CT、MRI検査というとどうしても限られた病院でしか検査ができず、検査を受ける方にとっても、私たち開業医にとっても依頼、外来受診、検査、結果の外来、その後にやっと我々に結果が届くということで通院回数、結果が出るまでの時間という点で不満がありました.しかし、寺島院長の情熱により、日本初の心臓専門の画像クリニックができ、検査の必要な方にとっても、私たち開業医にとっても簡単に検査依頼ができ、2-3日のうちに結果が出るということで、検査が本当に身近になり、恩恵がもたらされました.
これまでは入院して冠動脈造影でしかわからなかった冠動脈の解剖がほぼそれと同程度に入院をする必要がなく、痛い思い、あるいは安静を保つなどの苦痛もなく手に入るということは、特に虚血性心疾患の方、川崎病による冠動脈後遺症のある方、心筋疾患の方などにとっての最大の朗報だと思います.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。