心拍数を遅くすると心臓に良いのか?

2008年9月18日木曜日

9月6日号のLancetに心拍数を遅くする薬剤によって落ち着いた狭心症あるいは心臓の働きの悪い方の心臓イベントが減るかどうかを調べた研究が発表されました.
Ivabradine for patients with stable coronary artery disease and left-ventricular systolic dysfunction (BEAUTIFUL): a randomised, double-blind, placebo-controlled trial Lancet 2008; 372: 807–16
今回の研究の対象はおよそ12,000人の狭心症で心臓の働きが中等度以上に低下している方です.使われた薬は Ivabradine といって、洞結節のIf電流を抑制することによって心拍数が71回/分から約6拍/分遅くなりました.今回の研究で目的とした、2年間の死亡、心筋梗塞による入院、心不全悪化による入院の合計は実薬、偽薬の群の間に有意な差は認められませんでした.ただし、もともとの心拍数が70回/分以上の方については実薬群の方が心筋梗塞、不安定狭心症による入院、血行再建術が少ないという結果でした.
心拍数が70以上の虚血性心不全に対しては従来のβ遮断薬にIvabradineを上乗せする価値はありそうです.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。