久々のQuartet

2009年1月24日土曜日

T先生ご夫妻、チェロのMさんと2年ぶりくらいになるでしょうか、久々にカルテットを楽しみました.
クリニックを作る際に、待合室は椅子を片付けて室内楽が楽しめるようにと計画したのですが、その初めての機会となりました.響き的には少し響き過ぎかとも思いましたが、ヴァイオリンを弾く上では余計な力を抜いて、純粋にきれいな音を出すことに集中できる感じがありました.
手始めはT先生ご持参の鈴木メソッドのカルテット曲集からということで、皆初見でしたが、ぴたりと合い、さすが、鈴木メソッドと皆の感想も一致しました.
いよいよ本題ということでモーツァルト初期の四重奏からと思いきや、ビオラのパート譜が見つからず、初期から中期へ飛んでハイドンセットからC dur(K.465)の1楽章の冒頭、曲名の由来となっている「不協和音」の部分を弾いてみました.各パートとも譜面としては難しくないのですが、4人で合わせるとなると結構作りが凝っていてかなり手こずりました.そういう訳で「不協和音」はその先の主要部には進まず、以前にも挑んだことのあるd mol(K.421)にチャレンジ. 前回は自分としては全く歯が立たなかった記憶がありますが、今回は1楽章の2回の山場の2オクターヴを駆け上がり、駆け下りる部分を除いて、ほぼ弾けた手応えを感じました.
その余勢を駆ってベートーベンの作品18の1番ト長調、3番ト長調、4番ハ短調と次々に挑み、かなりテンポを伸縮させてしまいましたが、なんとか最後までたどり着くことができました.
気分を変えて、久石譲の映画「Qaurtet」のための音楽であるStudent Quartet(モーツァルト的な弦楽四重奏)、Melody Road(となりのトトロ、花火、キッズリターンなど久石メロディーのメドレー)を楽しんでいるうちにあっという間に3時間以上が経過してしまいお開きとなりました.
次回は是非、「不協和音」を全曲通したいなと思いますし、できればラベル、フォーレも出来るところだけでもやりたいな、などなど、やはりカルテットは楽しいですね.
(尚、上の写真は私の妻が撮影しました.)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。